未分類

転職者は知っておいて欲しい!ブラック企業7つの特徴と見分け方

投稿日:2017年11月19日 更新日:

転職するなら誰しもがブラック企業は避けたいものです。

もしもあなたがこれから転職を考えるなら必ず知っておいた方が良いブラック企業の特徴7つと見分け方について紹介します。

あなただけじゃなく、あなたの友達や家族、大事な人が知らずにブラック企業に入る事を避けるためにも知っておいてほしい事をまとめました。

他にも「もしかしたら自分の会社もブラックかもしれない..」

と思ってる人も参考にしてもらえればと思います。

若い労働力を不当に安く買い叩くブラック企業に入社する人が一人でも減れば幸いです。

特徴1:過度の残業、残業代の未払い

ブラック企業と言えば「残業」と言う言葉が頭に浮かぶと思いますが、ブラック企業と呼ばれる会社は想像通り過度の残業を従業員に強いる傾向があります。

さらに、残業代も満額を支払う事はないでしょう。

悪質な会社は過度の残業を「社員が自主的に残業している」事にして、あくまでも会社側は残業させていないと主張します。

実際に私が以前勤めていた会社がそうでしたが、口では「早く帰れよ」などと言いますが、実際は定時ではとても処理しきれないほどの仕事を与えられますし、そもそも早く仕事が片付いたとして定時で帰れる雰囲気、文化はブラック企業にはありません。

特徴2:みなし残業代を採用しているかチェックしよう

求人要項にみなし残業という項目があったなら注意した方が良いかもしれません。

みなし残業とは支給される給料の中にあらかじめ残業代が含まれているという給料形態なのですが、これもブラック企業の常とう手段です。

仮に給料が20万円だった場合、内5万円分は残業代としてすでに支払われているという考え方です。

このみなし残業制は最初から残業ありきの考え方で、社員が残って仕事するのが前提のシステムです。

良心的(?)な企業ではみなし分を超過した場合の残業代は支払われますが、残業代は「みなし残業として支払い済み」との事で超過分の残業代を支払わない会社も多くあります。

私が在籍していた会社もまさにみなし残業制でした。

「給料に25時間分の残業代」がみなし残業として支払われていましたが、実際の残業は月に100時間を超えていました。

支払われた残業代はみなし分の25時間+15時間の40時間分だけでしたね。

それ以上は申告できないようになっていました。

過度の残業やみなし残業制の会社を見抜くためには?

残業代を踏み倒すブラック企業はある程度求人要項で知る事ができます。

まず求人に「みなし残業制」の文字が出たら気を付けた方がいいでしょう。

さらにそうした企業の特徴の一つに昇進昇格早く、ある程度のポストまではかなり早く昇進できるといった特徴があります。こういった会社は注意した方が良いでしょう。

ブラック企業は社員に早めに役職を与える事で「責任感」を植え付けます。

この場合の役職は例えば店長や副店長、マネージャーなどの職位でしょうか(会社によって呼び名は違うと思いますが)

起業家精神を説いて店舗ごとの独立採算を強調し「お前がこの店のトップなんだから」とプレッシャーをかける訳です。

これで多くの若い社員が責任を感じて残業のスパイラルに落ちます。

やたらと昇進昇格を謳っている企業には要注意ですね。

ブラック企業の人事/人員異動/昇格によく見られる4つの特徴

ブラック企業内の人事に見られる特徴を挙げてみたいと思います。 今あなたが働いている会社がこれらの特徴に当てはまるなら要注意です。 今回はあくまでも私の経験を元に書いていますが、同じような境遇の人、もっ ...

続きを見る

特徴3:一年中求人募集をしている

ブラック企業 求人募集

ブラック企業は一年中求人募集の広告を出しています

広告だけではなくハローワークに行ってもいつも同じ会社があったり、とにかく人が辞めるので代わりの補充が間に合わないんですね。

タウン誌や求人雑誌をしばらく見ているとわかると思いますが、おなじみの会社が並んでいるのがわかるはずです。

次にブラック企業の求人広告の特徴を挙げてみます。

ブラック企業の求人広告の特徴

まずブラック企業の広告は求人対象となる人の範囲が非常に広いです。

  • 職歴不問
  • 未経験者大歓迎
  • 学歴不問

もうこの辺は当たり前で、他にも【やる気重視!】【フリーター歓迎!】など、読んでいると「健康なら採用されるのかな?」と思うほど求人対象が広いです。

もちろんこうした求人要項の企業がすべてブラック企業とは言いませんが、ブラック企業が多いのもまた事実です。

他には「職場の雰囲気がアットホーム」「同年代が活躍しています(従業員が若すぎ)」なども挙げられます。

特に離職率の高い会社ほど職場の雰囲気だったり、人間関係が良いアピールが多いように思います(個人的な感想です)。

確かにアットホームな雰囲気は良いかもしれませんが、それは単に社員の平均年齢が低いだけかもしれません。

肝心の給料や休日日数、福利厚生の詳細、残業時間など具体的に細かく書いているかも注意してみましょう。

特徴4:給料設定が最初から高い

ブラック企業 給料

給料設定が最初から高めなのもブラック企業の特徴です。

先ほどの求人広告の特徴とも類似しますが、とにかくブラック企業は離職率が高く、人材を大量に採用して大量に消費しています。

人材が定着しないので人材も育たず、結果人の育成よりも採用の方に力を入れている印象が強いです。

給料も高めに設定されています。もちろん長く働いてもらう為ですが、先ほど書いたみなし残業が含まれている場合もあります。

注意したいのは最初から高い給料だとしても、何かしらの手当で給料が多くなっており、賞与や退職金に大きくかかわる基本給は支給額の比率から考えると低く設定されている事も多々あります。

休日日数や休日出勤も加味すると、決してその額面は高いとは言えないかもしれませんね。

 

特徴5:休日出勤が多くあり有給も使えない雰囲気

 

そもそもブラック企業は休日が少ない傾向にありますが、そんな中でも休日出勤もあります。

これは求人要項にも書いている事も多く「繁忙期は休日出勤有り」「毎週第〇土曜日は出勤」など。こうした残業含め休日出勤の事も面接などでしっかり聞いておいた方が良いです。

私の場合は入社時は月8回だった休日が月4回になり、さらに少なくなっていきました。

休日出勤手当が出ればまだ良いですが、出ないところも少なくないでしょう。

先ほど書いたように、ブラック企業からしたら社員が自主的に休日返上して働いているわけですから。

個人的には少しでも休日出勤がある会社はなるべく避けた方が良いように思います。

月に1、2度の休日出勤が徐々に慢性化して当たり前になるのが一番最悪ですからね。

特徴6:休みの日も電話が鳴る

急な要件でもないのに頻繁に電話が鳴ります。

理由は各セクション個人個人に依存している為、休みが出ると変わりが居ないにのです。

他にも単純に人が少なかったり、大した用事でもないのにガンガン電話が鳴ります。私の時は「クレーム来たから今から来てください」と言う電話も頻繁にありました、

私の他に社員もいるんですけどね。

何というか会社全体の雰囲気として仕事と休日の境目があいまいです。

ただこうした働いてみないとわからないような内部の事情に関しては口コミサイトなどを利用すると良いかもしれません。

今は実際に働いている人や、前に働いていた人の口コミが見れるサイトも多くあります。

代表的なのは転職会議やキャリコネなどですね、一度気になる会社の口コミを確認してみると良いかもしれませんね。

 

特徴7:有給休暇は付与されるも使えない雰囲気

まず有給休暇が利用できない雰囲気が多いと思います。これは私だけの経験じゃなく、実際に働いている人やネットを見ても有給消化が難しいブラック企業は多いです。

まずブラック企業の場合、上司からして仕事に忙殺されて有給を使ったりしないので、自然と部下も使えない雰囲気になりがちです。

そもそも会社全体で有給が使えない雰囲気のところもあるでしょう。

私の場合は以前働いていた会社では祖父が亡くなった時にしか有給は使えませんでした。

ちなみに福利厚生には弔意休暇もあったのですが....有給で消化されていました(←これは違法じゃないみたいです)

有給消化率については平成28年度の労働条件総合調査ではこのように記載されています。

平成 27 年(又は平成 26 会計年度)1年間に企業が付与した年次有給休暇日数(繰越日数を除く。)は労働者1人平均 18.1 日(前年 18.4 日)、そのうち労働者が取得した日数は 8.8日(同 8.8 日)で、取得率は 48.7%(同 47.6%)となっている。 参考:平成28年就労条件総合調査 労働時間制度|厚生労働省

この調査によると、一般的に1年間でおよそ18日の有給休暇が付与されて、そのうち約9日間が消化されている事になりますね。一般的には付与された有給休暇の約半分は消化できている計算になります。

この辺の数字を参考に有給消化率の目安にすると良いかもしれません。

 

さいごに

check!

  • 過度の残業と残業代の未払い
  • みなし残業制を使っているか
  • 一年中求人広告を出している
  • 給料設定が最初から高い
  • 休日出勤が多い
  • 休日もガンガン会社から電話がくる
  • 有給休暇が使いにく

とにかく冒頭に書いたようにブラック企業は労働者の時間を安く買い叩いて利益を上げています

入った会社がブラック企業だった...なんて事が無いようにブラック企業の特徴は抑えておきましょう。

ブラック企業を辞めたいと考えている人はこのサイトのトップページに情報をまとめてますので、こちらからご覧ください。

→ ブラック企業を辞めたい人の退職案内所

-未分類

Copyright© ブラック企業をやめたい人の退職案内所 , 2020 All Rights Reserved.