未分類

なぜあなたはブラック企業を辞めれないのか?退職する際に割り切るべき4つの事

投稿日:2017年12月28日 更新日:

この記事はこんなことが書いています

  • 退職を申し出ると嫌がらせを受けるんじゃないか
  • 周りの同僚に気を使って退職できない?
  • 金銭的な理由でブラック企業を辞めれない?
  • 転職する事に罪悪感を感じている?

ブラック企業で働いている時は「こんな会社は絶対辞めてやる!!」と思っているのですが...いざ辞めようとすると中々仕事を辞めれずにダラダラと働き続ける人は結構多いと思います。

ブラック企業特有のなかなか辞めさせて貰えない環境もあると思いますが...。

ですが、最終的には自分の気持ち1つで退職は可能なはずです。

違法な労働時間やパワハラに堪えながらもあなたは何で今のブラック企業を辞められないのか?

私の経験を元に書いて見たいと思います。辞めたいけど中々辞めれない人の後押しに慣れば幸いです。

会社を辞めると言うと嫌がらせをされるんじゃないか

会社に退職を告げた途端に嫌がらせをされるんじゃないか?給料を減らされたり、無理な仕事を押し付けられるんじゃないか?

そうした心配も多いかと思います。

実際に私も会社に退職を告げた後2ヶ月間は嫌がらせを受けましたし、仕事も理不尽な量を押し付けられました。

普通ならありえない話ですし、職業選択は労働者の権利でもあります。

ですが実際にはそうした低俗な嫌がらせがあるのも残念ながら事実でしょう。

今まで退職を告げてから嫌がらせを受けてきた同僚を見てきた人も居るかもしれませんね。

嫌がらせに泣き寝入りする必要はないが....

「仕方ないから泣き寝入りしかない」

とは言いません。

こんなのはパワハラ、モラハラに該当しますし本来あってはならない事です。

ですが...そこを恐れて退職を悩んでいるよりも割り切って次の仕事に目を向けた方が良いと個人的には思います。

理不尽な会社ですが、あなたが「この会社をやめたい!」と思う理由まさにそこにあるはずで、そんな会社で我慢してこの先ずっと働くのは本当に大変です。

あなたの大事な時間や健康をブラック企業は平気で奪って行きます。

それよりも次を考えて準備を始める事のほうが長期的に見るとあなたにとってプラスになるんじゃないかと思います。

あまりにも悪質な場合は録音やメモを取って置くと労働基準監督署への相談や裁判となった場合に有利ですので覚えておきましょう。

関連記事

ブラック企業を退職する為に最低限準備しておく3つの事

この記事で書いてあること 退職する前に準備しておく具体的な事 当面のお金、転職支援サイト、辞める日の設定 辞めるという強い気持ちを持つこと もういい加減ブラック企業を辞めてやろうと思っている人に向けて ...

続きを見る

 

周りの同僚に遠慮しているのではないか

一緒に働いてきた同僚と別れるのはつらいかもしれません。

ことブラック企業になると辛く大変な環境で一緒に働いてきた言わば「戦友」の様な同僚が居ることも多いと思います。

「もし今自分が辞めたら同僚の負担が増えるんじゃないか?」と考えるのは自然なことですが、そこで退職をためらってしまうのは間違ってます。

後ろ髪をひかれる思いでも強い気持ちで退職を決めましょう。

同僚の負担を心配してこのままブラック企業で働きつづけるのは何のプラスにもなりません。問題の先送りです。

いずれその同僚もそこの会社を辞める日が来ると思いますし、言葉は悪いかもしれませんが...ババ抜きの様に誰が最初に抜けられるか早いもの勝ちになるかも。

あなたが辞めなければ他の誰かがあなたより最初にその職場を退職します。

少なくとも私が働いていた職場ではそういう早い者勝ちの状況 になっていて、他の従業員のことを考えている優しい人はいつまでもその職場から退職出来ない状況でした。

誰もあなたの将来や生活を保証してくれません。他人を気遣う優しい気持ちは大事ですが、自分の将来を考え強い気持ちで退職を決断するべきだと思います。

関連記事

なぜあなたはブラック企業を辞めれないのか?退職する際に割り切るべき4つの事

この記事はこんなことが書いています 退職を申し出ると嫌がらせを受けるんじゃないか 周りの同僚に気を使って退職できない? 金銭的な理由でブラック企業を辞めれない? 転職する事に罪悪感を感じている? ブラ ...

続きを見る

金銭的な不安があるから退職出来ないのでは?

長い労働時間でもサービス残業が当たり前の職場でも「収入が途絶えたら生活出来ない」ので中々辞めることが出来ない人も居ると思います。

当たり前ですが収入は大事ですし、いくら大変な職場でも後先考えずに辞めるのは流石にオススメできません。(心身共に切迫した状況を除きます)

一概には言えませんが、金銭的な理由で今の職場を離れられないのなら計画を立て、貯蓄や節約をしながら金銭的な余裕を確保して退職時期を決める方が良いと思います。

仮に退職してから3ヶ月間生活出来る蓄えがあれば、3ヶ月後には失業保険も受給出来ますので腰を据えて転職活動も出来ます。

個人個人で生活費や支払いの状況は変わると思いますが「給料が入らなかったら生活出来ないから」と最初からサジを投げずに出来る所から初めてみてはどうでしょうか。

今少しづつ準備を始めれば数ヶ月、数年後には今の会社を退職出来るかもしれません。

ですが、今から始めなければいつまでも環境は変わらないと思いますよ。

 

転職することは恥ずかしいこと、良くないことだと思っているのではないか

日本人はどうも「転職」「退職」と言う言葉に良いイメージを持ってないように思います。

  • 1つの事を続けることが出来ない人
  • 根性や忍耐の無い人
  • 途中で投げ出す中途半端な人

こんなイメージを未だに持っている人も居るかもしれませんね。ただ、これは終身雇用がまだ有効だった時代の考えだと言えます。

今はどんな会社もあなたの将来を保証なんてしてくれません。

終身雇用なんて大手企業もリストラ、倒産している中では望めるはずも無く、逆に私達の賃金は下がっています。

そんな中で1企業にずっと勤め続ける事が最適だとは思えません。

転職回数を気にするよりも何が自分にできるのかを考える

多くの経験やスキルを持った人が重宝される世の中に変わりつつあります。

転職回数よりも「何が出来るのか」「どんな考えを持っているのか」の方がよっぽど大事です

転職=仕事が続かない人 といったレッテルはバブル時代の何もしなくても終身雇用が保証されていた時代の考え方です。

もしそうした固定観念にとらわれているなら切り替えた方がいいです。

今は自分の経験を活かせる所を探して転職する方がスキルも給料も上がると思いますよ。

ましてやブラック企業で劣悪な労働環境で働いているなら尚更もったいないです。

「自分はこの環境では働らくのが不安」

「もっと良い環境で仕事がしたい!」

と思ったら割り切って転職の方向に舵を切るほうが将来的にプラスになると思います。

さいごに

ブラック企業であれ一般企業であれ退職するという事は本当に大変な事です。

気持ちもブレますし、今後の事を考えると不安にもなります。

ですが今の自分の環境を見つめ直してみて、今後もこの環境で働き続けたいのか?と自問してみてはどうでしょうか。

私もずっと退職を考えていましたが中々きっかけが掴めずダラダラ働いていました。

その間もサービス残業に休日出勤の連続です。今思えばもっと早く決断するべきだったと感じています。

転職を迷っている人はもう一度これらの事を考えてみてはどうでしょうか?

1年後も今の環境で満足かどうか自問してみて下さい。それではまた。

ブラック企業を辞めたいと考えている人はこのサイトのトップページに情報をまとめてますので、こちらからご覧ください。

→ ブラック企業を辞めたい人の退職案内所

-未分類

Copyright© ブラック企業をやめたい人の退職案内所 , 2020 All Rights Reserved.